踏まれ道

file:///C:/Windows/Desktop/ホームページ/index.htm

CkJIuXnUkAE6kHH
編集氏に、ブログ更新どうしたんすかといわれて存在を思い出した。自動的にワイの記事をクリップしてくれるサービスないかしら。で、掲載済み記事(1ヶ月ほど前になるがw)

4Gamer:

「PSO2」のグラフィックスが大幅強化されたので,俺のかわいいキャラをさらにかわいくしてみた。キャラクリは自分に正直が正義だ!



アゴがどうしても長くなるのは、なんとかならんのかと思いつつ、公式アカウントでしれっと晒されてしまったり、やたらとGJいただいたりと、特定方面のみしか考えていない記事が掲載済み。スッキリ顔のほうも詰めて見たかったが、どうも描写からすると、若年のほうがいいんじゃねと思いつつ。目をつぶって選んだチームにGalaxyエステ上手い人がいるので、どうやってんねんとか思ったりも。

よくよく思うと、Gameタイトルについてのがっつりした原稿は、すっごい久しぶりだったような覚え。たまにやるとたのしい。取材が大変なので、頻繁は厳しい。スクリーンショット回りの機能が拡充されたら、また業の深いことしたいのう。

001l-1

ソニー製レンズを3年振りくらいに購入した。仕事でもっとも使用頻度が高い24-70mmなのでもあるが、FE2470ZAのビミョーさで敬遠して、とりあえず、面白いからと2年ほど50mmオンリー気味だったのが解除された形だ。フツーに使いやすくていいレンズだ。発売前に記事が掲載されており、わりとその時点で満足してしまっていたので、まあみんな買うと幸せになれる。85GMがあるので単焦点主義者には満足いかないのだろうけど、物撮りとポートレートがセットになるケースの多いイベント取材では、荷物量をもりっと減らせるので、ほぼつけっぱなしだと思う。60mmマクロ、はよ。

マイナビニュース

ソニー「FE 24-70mm F2.8 GM (SEL2470GM)」実写レビュー


で、上記レビューでも触れているが、フォーカスリングの軽さが気になっている。人によっては軽いくらいなのだが、個人的にはスカスカと感じる。なので、重くできないかしらと相談中。なぜかというと、よくいく施設取材のとき、マニュアルじゃないとフォーカスがスカることがあるのと、迷いまくりんぐもあるので、だいたいマニュアルで済ませているから。暗くて三脚NGのときは開放寄りなので、フォーカスリングはちょっと重いほうが合わせやすいの。

あとバランスは、α7だとちょっと面倒。慣れればOKの範囲だけど、気持ちホールドの仕方を変更しないといけない。α7II以降の重心設計が前提なんだろうなぁ……。FE70300Gは次期モデル前提感すごかったけども。

現時点の光学技術的に、ズームはこのあたりがもう限界なんだろうなぁとか思ったけど、ブレイクスルーは人工蛍石次第か。





001l

マイナビニュース:

ソニー「FE 85mm F1.4 GM (SEL85F14GM)」実写レビュー


というわけで掲載されている。ソニーにαマウントが移管してから10周年らしいレンズな印象。αマウントじゃあないけど。バランスもよくて、レンズの光学仕上がりもいいので、価格見てうーにゃうーにゃするといい感じ。とりあえず、解像キモい。α7でのデータも掲載してあるけど、こっちは順当にシャープさん。シャープネス至上主義はうほほいではないだろうか。個人的にはSAL85Zのふわふわーんが好きなんだけども、これはこれでマッチョを撮る土岐に良さそう、F7.1くらいで。

FE2470GMは、届いたらちょっとリチェックしてからエントリーする予定。雨なんで、アレだが。








IT関連取材のときに必要なものは、DSLRとノートPC、モバイルバッテリーなどの小物、そして紙資料などを突っ込めるバックパックになる。ここまで書いて、どっかの媒体に提案すればよかったんじゃねと思ってしまったが、後でやっておこう。

これまではKATAのでっかめのカメラバッグで済ませていたが、厚みがあって邪魔に感じることも多くあった。2DAYに耐えてくれるので悪いものではないが、1DAY用が欲しい。というわけで、Manfrotto スリングバッグ NEXTコレクション 11.5L NEXT スリングバッグ グレー MB NX-S-IGY を購入した。


シングルベルトのスリングバッグに属する。2WAYのファスナーで撥水性の高い素材を採用。15-20mmの降雨下で濡れてみたが、短時間ならばOKな感じだろうか。

キャパシティを見ると、カメラ用のボックスが付属している。ミラーレスやエントリー向けの一眼ならレンズつけっぱで収納できる。また敷居があるため、小型レンズ*1の収納も可能。


↑スリングバッグなので背中から前に回すのも機能のひとつ。

カタログスペックでは、レンズ*2とあるが、ボックスをもうひとつ追加しても余裕がある。逆に内部ポケットはそれほど大きくないため、小物入れはあったほうがいい。 

運用例としては、1泊分の着替えとα7,レンズ*2は余裕。またα7とズームレンズ*2、Di700A/Air 1,バッテリーなどもOK。ただし機材を詰め込みすぎるとノートPCを入れるのが厳しくなる。


↑カメラ用ボックス。ミラーレスだとボディとレンズ*2まで。もうひとつ追加してもキャパシティに余裕がある。

取材用として都合がいいのは、底面と側面で自立するところ。荷物の出し入れが楽だ。またそれほど厚みが生じないため、発表会だけでなく、電車のなかでも接触しにくくいていい。


スリングなので重心がブレるのが気になるが、固定用ベルトにクッションを追加すればOKなので、実勢価格からするととてもいい感じだ。

pso20160320_023957_020

週刊アスキーで、しれっと隔週ペースくらいで、PSO2日記を連載中。たぶん第2回がナウのハズ。dマガジンとかニューススタンドとかでどうぞ。

PS4版にあわせて、設定6がくるし、おうちでやるとき、PS4でやれるしなーと復帰しつつ、なんとなく書きたーいといったら、スルッと通ったわけで。なおGalaxyカワイイしか書いてないので、これからもGalaxyカワイイなノリであると思われる、まる。

設定6がきたら、それに合わせてそれっぽいことはできるであろう。

ガンダムブレイカー3_20160314064052

アップデートでジュアッグの腕部兵装はそのままで「原作に忠実なら仕方ないよね!!」だが、オンラインにおいて、ジュアッグ腕×2がいるとだいたいアプリケーションエラーが起きる可能性が高いので(アップデートで起きにくくなった気もするが)、難易度ニュータイプ用の機体を新調することにした。

エクストリームにおいては、ヅダさんベースの下記機体で、とりあえず芋る感じだったが、ニュータイプだと止まってるとけっこう死にやすい(敵にスルーされやすくなるabilityを入れていても、軽く殴られても痛い)ので、シールドビットを展開しつつ、芋ってたわけだが、シングルプレイの場合、とても効率が悪い。また対艦ライフルやマゼラトップ砲の「徹甲弾射撃」「榴弾射撃」 「高威力榴弾射撃」については、軽い検証をした感じ以下。
・徹甲弾射撃:貫通する、弾速速い
・榴弾射撃:小規模爆発、弾速普通
・高威力榴弾射撃:爆発大きめ、弾速遅い、黄色ゲージを削れる割合高め?
なのだが、数が多いと面倒でしかない武器であり、シングル向きではない。オンラインではけっこうダラダラできるので、お気に入りだが。

ガンダムブレイカー3_20160315022338 2


というわけで、ジュアッグの腕から開放された機体を考えたわけだ。
黄色ゲージを削って、パーフェクトブレイクをさっさと済ますのが望ましい。削る効率の良さはツインロングライフルだとか6連ミサイルだとかマシンガンだとかショットガンとか、手数+ability。近接武器によってはアックス系も1回で削る量は多い。拳法で十分だとはおもうが、まぁあれも面白くないので考えないことにした。あと翼もいらないなぁということで、昨今のガンダム敵にならないように回避。バルバトスはシンプルでいい。

ガンダムブレイカー3_20160314194430
こんな機体になった。斧大回転系。あとランドセルにファンネル18機。なくてもなんとかなるが、シングルだと足止め要素がないので、いちおう。

ガンダムブレイカー3_20160315022058
射撃武器は「専用ショットガン」、アクションは散弾連続射撃。任意発動型ジュアッグアームにしちゃえばいいだろうに着地してしまったわけだが、「射撃武器が近接信管化」「射撃武器が爆発化」「射撃武器爆発範囲」「射撃武器集弾性能」があれば、削りつつ足止めが楽。 「射撃武器集弾性能」は40〜50%あたりが無難かしら。

ガンダムブレイカー3_20160314030414
移動しつつ任意タイミングでサクッと撃てるジュアッグアーム的になる。

ガンダムブレイカー3_20160314040510
それでシールド。このゲーム、律儀にビーム1本1本を計算しているので(なのでジュアッグ腕の性能も正しいのだが)、同時に複数のビームが出るシールドがあると黄色ゲージ削り効率がとてもいい。ハーモニカが最多になるが、端っこのほうが外れやすいので、全本当てやすいヤクト・ドーガのシールドを採用している。

 ガンダムブレイカー3_20160314064052
ちょうどいい頭部がないのと、ボディもどうにかしたいなぁと思いつつ、しばらくこれで。斧よりは日輪丸系の居合いのほうがすっごい楽そうな予感がしているけども。



ガンダムブレイカー3_20160310020254

さて、ステージシステムには疑問が多いものの、ビルドシステムがいい感じであるガンダムブレイカー3。いくつかアプリケーションを終了しないといけないバグが、本エントリー作成時点で存在しており、エンカウント率が高いものとしては、次の条件を満たす場合に起きるバグだ。

・射撃武器を内蔵する腕パーツを選択した状態で、かつ射撃武器にもその腕パーツのユニーク武器を装備している
・ジュアッグやモビルカプルなどの腕パーツを選択(ブラックアウトしないのもあるが)


上記の条件を満たした状態でペイントに入ると、ブラックアウトする。またフォトグラフからアップロードしようとすると、同様にブラックアウトしてしまう。(データはアップロードされているが)。

回避方法としては、2通りある。

・フツーの腕パーツをセットした状態で、ペイントに入り、セットアップを経由せず、アセンブルに入り、問題のある腕パーツを装備して、またセットアップを経由しないでペイントに入る

・射撃武器に問題のある腕パーツのユニーク武器を装備しない状態でペイントに入る


  といった感じで、面倒だがブラックアウトを回避してペイントを実行できる。2つめが楽だろう。ジュアッグの腕パーツ内蔵武器は、そもそも数値設定がおかしい勢いのダメージをたたき出すが、オフラインでだらだら進めるには助かる存在だ。難易度ニュータイプまで進めたら、それでも辛いシーンがエクストリーム以上に増えている感じだが、ノーマルやらハードあたりなら、逆に萎えるくらい強い。

ガンダムブレイカー3_20160308232118


 ジオン水泳部大好きッ子にはうれしいのやら、かなしいのやらであるが。 

jpg-large


3月3日、菱餅の形状理由をうっかり質問してみたり、話してみたりするとセクハラになってしまう日にガンダムブレイカー3の販売が開始された。同シリーズは、ガンプラパーツを組み合わせてやりたい放題するのが主な主旨で、わりとストーリーだとかミッションはおまけ的だ。 3作目ではさらにそれが色濃くなっているというか、ミッションステージ構成については、2作目のほうが良かったんではないかと思わないでもないが、Buildシステムが気になる部分がいくつかあるものの、自由度が高く、特定パーツに依存しにくくなっており、大変いい。DPSのパーツ依存度も低いし、性能差もオプションや属性で生じるが、ベースについてはフラットだ。これはMGパーツも同様で、難易度エクストリームに合わせて、わざわざMGにする必要がない感じ。また付加要素の移動が楽なのに加えて、合計値をどうするか、どのスキルをどこにつけるかといったアトリエシリーズみたいな、それ系が好きな人にはたまらない要素がいい。

ビジュアル面でもテクスチャのできがよく、質感がステキな具合。4作面でいろんな問題点を解決してくれるといいなぁである。とりあえず、普通の操作でもエンカウントするようなバグがいくつかあるので、修正してほしいところ。

jpg-large
プレイ開始からはやい段階で、念願のジュアッグであるので、こんな有様だった。ちなみに、軽い強化程度でよくわからない強さを発揮する機体

jpg-large
なぜかというと、ジュアッグ腕部の内蔵武器は、平たくいうとザク・マシンガン×6同時連射であるから。UCでもそんな感じだったけど、律儀に再現しすぎである。似たMSとしてはガンタンクも同様かと思ってしまうが、単発+チャージの冷遇っぷりであった。サーペントも似た感じには使えるが、ジュアッグの敵ではない。

Ccr49s-UAAEZifi
先のカプルとジュアッグでオンラインをうろうろしていたら、見た目フツーのMSはないんですか?^^と煽られたので、それっぽいのを作成するも、2回くらいしか使ってない。瞬間火力はめっちゃ低い
 
jpg-large
レスラー扱いの多いガンキャノンをそのまんまに。腕部はAGE-2タイタスのほーが戦いやすくはある

Ccw_qxGUYAA46-h
Ccw_rlNVIAAeie7
勝手にヅダ発展系。腕とか背中は別メーカー製にした。溶断破砕マニピュレーターが無制限でけっこうDMGも多くていい。あとドーベンウルフのバックパックは無条件にかっこいい

jpg-large
ヅダはビジュアルが最高であり、速度以外考えていないのもZIMMADらしくていい。なので、まぁそんなことしか考えていないような感じでハァハァしたり。またヅダの兵装である対艦ライフルは、ビームでもないし、アーマーピアッシングでもなく、榴弾。グラフィックとしては超高速のバズーカなので、爆風に巻き込むとかも可能。ability「射撃爆発化」にするとどれもそうなるけども、照射がなくてもいいやーなら対艦ライフルでいいとおもう。ライフルDPSよりは、シューティングモード時の威力アップとか射撃速度、集団性、追尾性アップ、バイポッド、ダブルパックとかにしたほうがDPS高まる感じ。なおエイムはいい加減でも当たる。

jpg-large
ほぼZIMMAD万歳機体。腕はジオニックだけど(昔はツィマッド製って書いてあった気もするけど、諸元が思い出せない)。ドムとかギャンとかザクIIFZとかハイゴックとかもあるし、今度、作ろう。熱核ホバーの技術系譜からすると、リック・ディアスとかドライセンあたりもいけるか。1年戦争以降はアナハイムだし。

ep5から敵がみょーに堅いのと、分解するのも大変だったので、ジュアッグ腕部と格闘(ツメ)にパーツ外しアップ系をちょっといれて、バラしていた。DPS12000超えたあたりから、空中でパーフェクトブレイクになるか、破壊するかな勢いだったけど、近接でガシガシ殴ってるだけよりは楽ではやい。

さて、本エントリー作成時点だと、ジュアッグやカプルなど、腕に内蔵された武器がマシンガン系であると(?)、ペイント画面、もしくはフォトアップロードで画面がブラックアウトするバグが存在している。ペイントについては回避可能であり、上記構成であればジュアッグの腕を違うのに変更した状態でペイントに入り、すぐに出る。それからそのままアセンブルを選択し、ジュアッグ腕部を装備して、ふたたびペイントに入るとブラックアウトしない。「セットアップ」から行けるメインメニューと、各種メインメニューから戻った場合のメインメニューでややこしいことになってるような気がする。フォトアップロードについては、修正待ちだが、画面がブラックアウトするだけで写真はちゃんとアップロードされているのを確認している。

あ、あと。ステッカーの中にヅダの型式番号が見つからないのは、開発がZEONIC派だからであろうか。
 







 

_DSC1677

核融合科学研究所をようやく取材できた。ワンオフなので、取材対応タイミングがメンテと実験開始の間くらいしかなく、延期数回ののちで。詳細については、例によっていつも趣味第一の取材記事をやらせてくれるASCII.jpに掲載されるけども、以下は環境についての覚え書き。

使用していた機材はα7RIIとSAL1635(LA-EA3)。LHD内では基本的にAPS-Cにcropして使っていた。16mmでも撮影しておけばよかったかなぁと思ったのだが、試してみたら西澤丞先生っぽい感じになりすぎたので、こらあかんわ、さすが先駆やでということで。(時間かかるけどいった方がいいといってくれたのも、西澤丞先生だけど) 。あとレンズ交換はムリな状況下+三脚もNG、つまり最小装備でGOなので、こういうときは24mm以降のほうがやりやすい。時間としては当初30分だったが、なんか50分くらいいた気もする。ツァイスから11mmあたり借りていけば良かったとか思ったけど、アフターフェスティバルである。もう入れないし。だいたい帰ってから、あーレンズこっちがよかったなーとかこの端っこに写ってるのなんやとかなるの、どうにかしたい。ともあれ、42MPあるとcropしても、23MPあるので都合がいい。

_DSC1768


冬コミで数回聞かれたのだけど、装備とロケハンについては、基本的に出たとこ勝負で、次いっても環境が異なっていることもあるし、ストロボの持ち込みもあまり意味がないので、その場の環境だとか反射光をどうこうする作業が多い。 これは自然にしても、ポートレートにしても似てる部分は多いと思うのだが、そういった質問をする人は、よほどリッチな環境で撮影しているのか、運がいいのかのどちらかだろう。 また装備については、汎用性重点で単焦点で行くことはまずなくて、2470がもっとも多い。ソニーはさっさと24105を出してくれ。

_DSC1595

Twitterでも少し触れたけど、ここ近年の撮り方。まず、到着したら観察して、脳内に3Dモデルを作って、ぐるぐると動かす。なので、最初の10分くらいは見ているだけか、ベースデータ用の撮影をするくらいで、使用部材の質問をすることが多い。それから琴線ベースで画角決めたりとか、ゲームっぽいとかアニメっぽいとか、かっこいいっぽいを考えつつ、技術仕様にそった説明を入れていく感じ。だいたい途中から、今回の場合だとガンダムのことしか脳裏になかったりしたけども。

シャッター速度はデータ的に見ると、平均1/40。光源の確保が現地状況次第なのに加えて、少し絞りたいので、必然的に低速になる。ただ、最近はスタビが優秀だし、左目でファインダーを見て、4点保持+武術のほうで得ている立ち方で1/2でも打率は8割越えで、あまり困っていない。最近、体幹鍛えているし。核融合科学研究所のデータだと、1/2、F7.1、ISO1600がもっとも低いシャッター速度だった。電子シャッターありがとう。あと急停車したときに一瞬すごく静止した状態を体で再現して撮るとか、地味な小技は便利なので、こっそり鍛えておくとローライト下でも安心。


取材メンツとしては、アスキーの美人Dと、廃墟方面の巨匠である稲葉渉パンダ、んでドライバーもしてくださったお耽美写真家Kay先生。愛用カメラがCanon、Nikon、Sonyと別れてたのは面白かった。こういった下りだと、写真談義とかしたのかしらと思うかもしれないが、ゲスい話しかしてなかった記憶が。宿についてそうそうに地酒飲んでゴロゴロだったし。ていうか、ふたりともなんだ、そのずるい写真はこんちくしょうであった。くやしい。

_DSC1946

 上写真は俯瞰だけど、もう少し低いラインは見学ルートで見て回れる。やたらと凝縮されている感じがとてもいい。あとヘリカルの実物大モックもあるので、そっちで内部を知ることもできる。

というわけで、核融合科学研究所行く前に取材してた羽田空港の原稿から倒していこうか。(こっちはチェックする機関が多いので、写真の公開は記事以外だと難しそう)
 

014_edited_c_900x600

フェイバリットWindowsタブレットである防水arrowsの新型arrows tab WQ2/Xが登場した。そのファーストインプレッションを担当したので、例によって遊んでいるわけだが、よりTOUGHになって、かつ細かい部分がよくなっていた。中途半端にコンシューマを意識したデザインではなくなり、法人向け向けなビジュアルで逆にいい。

ASCII.jp:iPadには不可能!! 待望の防水「arrows tab WQ2/X」航行ファーストインプレッション!!

また機能面については、タッチパネルをソフトウェア的に無効化して、スタイラスオンリーにできる機能の追加が大きい。

とりあえず、プールでわりと高速で滑走させたいのう。

で、タブレットってユーザー側の更新間隔おっそいから、2年1回のアップデートでいいじゃあないかなぁ。完全にサブ的な扱いのままだし。 

DSC00874

WF2016wは良いお天気で人も多い印象だった。今回は4gamerで取材に入ったので、当該記事は以下の通りになる。また本稿ではうっかり仕事を忘れて、全体を撮らずにいつものように「気合いの入った部分が写ってりゃ、他は想像付くだろう」理論でやってしまった写真の供養も兼ねる。

4Gamer:ワンダーフェスティバル2016[冬]が開催。ゲーム系フィギュアとコスプレを中心に撮影してきた

400枚以上は掲載されてるはずで、いっぱい撮ってきたなぁ感いっぱい。フィギュアに関しての使用機材はα7II + FE 90mm F2.8 Macro G。ストロボは不調だったので、コスプレ時も含めて使用せず。近年の企業ブースは光源が比較的安定しているというか、Ra80〜85のLED光源であることが多いので、ミックス光で生じている緑を抜けばいいくらいで楽。セガブースだけは蛍光灯でフリッカーがキツかった。

DSC00156
DSC00177
DSC00187
DSC00203
DSC00204
DSC00208
DSC00212
DSC00224
DSC00241
DSC00251
DSC00354
DSC00355
DSC00391
DSC00356
DSC00409
DSC00583
DSC00646
DSC00801
DSC00740

デビルマンについては、韮沢さんのファンでもあったので掲載したかったが、掲載先と関係があまりなかったので断念した。もっといろんな作品を見たかった。

DSC00890
プレデターについては、LA-EA3 + Planar T* 50mm F1.4に変更していた。






_DSC6127

2016年1月25日に発表されたASUS ZenFone Zoom。Optical Zoom 3xの変態である。なのだが、ベーススペックも高く、価格帯からするとかなりオススメしやすい部類に入る。詳細や使用感ついては、いつもの発表会レポートが掲載済みだが、アンバサダー向けにはすでに多く貸出されているようなので、バッテリー動作あたりなどよくチェックしてみるといいだろう。

4Gamer:「ZenFone Zoom」テストレポート。光学ズームがウリのASUS製スマートフォンはゲームも意外にいける?

発表会場で全19工程が公開されており、航空機レベルのアルミニウムのインゴット(たぶんアルミニウム7000番台)からの削り出しや、各種部材取付工程(一部省かれていたようだが)を流れで見ることができた。写真掲載は一部だったので、ここで供養しておく。

001
002
003
004
005
006
007
008
009
010
011
012
013
014
015
016
017
018
019






ジャケットは装備せず、裸運用の方がイイ感じだったのも付け加えておく。


003_900x600

発売が延期されていたRX1RIIの発売が決定していた。2016年2月19日になったとリリースを、いまさっき見た。だいぶ見逃していた感があるが、42MPのフルサイズセンサーを搭載するコンパクトデジタルカメラだ。Cyber-shotだし。

2015年の当初の発売直前に、ASCII.jpで「レースクイーン撮影会に超高級コンデジ「RX1R II」で挑んだ!」を担当していたとき、未掲載にした写真がけっこうあったので、データ撮りになりそうなものをFlickrにアップロードした。上記記事と合わせてチェックしてほしい。なお超短時間だったので、スナップにどうかな〜チェック中心。あと一部写真はぼかしを入れてある。遠い人もしっかり写りすぎ。

やっぱり、解像しすぎでキモい。



























52


電力供給元の選択自由化が2016年4月から始まる。送電経路は東京電力ベースなので、根元が違うだけなのだが、それなりにサービスの差が見え始めてきた。といっても、年間3000〜4000円と気持ち変化程度なので、ぼんやり見る分には付加価値による差が主になるだろうか。日中は消費電力が少なく、夜中は多いのであれば、それに対応する電力プランを選べばOKになる。

さて。冒頭のスクリーンショットは、TEPCOのでんき家計簿の消費電力推移グラフだ。前年分と比較できるほか、似たようなご家庭との比較もありと、俯瞰しやすい。 このページから得られるデータを元に、電力会社比較サイトで諸情報を入力すると、おいくら節約といったことがわかる。

エネチェンジ
早い段階から比較サイトとしてスタート。SIMチェンジなんてサイトもあるが、ざらっとチェックするにはいい。毎月の消費電力ではなく、前月の消費電力ベースで算出だ。

価格.com 
カテゴリが新設されている。毎月の消費電力を入力することができるため、前年比ベースからの算出に対応する。エコの区分として何発電であるとかあるのだが、送電時点で混ざるので激しく意味がないと思うのだが、どうだろうか。

このほか、それっぽいサイトがいくつか散見されるが、ベースデータからの参照に難があるのと、とりあえず、形にしました的なサイトばかりなので、上記2サイトを起点に具体的にサービスをチェックしていく流れが無難だろう。ポイント付与が多く、Tカードか楽天、Ponta中心。Amazonが参入してくれないかしら。
 
自宅警備員業である場合、朝起きて夜寝ることもあれば、夕方に起きて朝寝る、夕方に起きて夜寝る、そもそも数日不在とバラバラであり、現在は従量制を採用している。

16
30
こんなカンジである。

この場合、HISは従量制として安く、けっこう狙い目かもしれないと考えつつ、昭和シェルの場合、月額はほとんど変化はないと思われるが、100L/月までガソリン値引きなので、取材時のコストダウンに繋がる(対応カード分の上乗せにも対応)。ただし電気供給圏内での給油のみなので、地方取材のときはアレだ。などと考えつつ、東京電力のままいいんじゃあないだろうか。

2月中旬あたりでジャッジするのがよろしい感じもする。

飽きたので終わり。
 

_DSC6056

レビュー製品のソース取得がてら、高尾山までいってきた。降雪のあとなどので雪景色があるかなぁとおもったが、いちおう残っているけど、八王子付近と似た雰囲気であり、まぁ寒かった。あとケーブルカー前後の写真しかないあたり、自然への興味の無さが伺えてしまうが、あのトンネルはやっぱりセクシーで大変よろしい。撮影機材はα7+70200G。2枚くらいC sonnar 50/1.5。EXIFないのがそれ。









 

_DSC0092

地域社会学における過疎地域、もしくは準過疎地域の振興(振興というよりは、復興という表現のほうが適切である状況にシフトしたとは思うが)、おもにお金が回るようにするためのもっともな手段は、リピーターの創出と学んだ。わかりやすい観光地を作り、1回だけきてもらうよりも、何度も足を運んでもらいたくなるような環境を作ること、そしてその周知が理想なわけだが、周知の通り、珍しいもんを作ればOK的な動きはとても多い。外部からの要因で対応するアクションを起こすのではなく、内側からそういったアクションをする必要もあり、高齢化社会への進行に伴い、長く議論されている部分だ。なお「おもてなし」とはだいぶベクトルが異なる。

_DSC0061


そういったなか、2007年の『らき☆すた』で顕著になったいわゆるアニメの舞台を訪れるアクションにより、新しい地域振興の手法としてアニメが注目された。聖地巡礼という名称がよく使用されているが、そういった行動時点は前世紀から存在しているので、発展系として考えるとアニメツーリズムが正確だとは思う。

また、同作品においてのコラボレーションは、以降のフォーマットに強く影響している。たとえば、劇中に登場した店舗で何か注文するとお客にコラボ製品のバックがあるといったものだ。この場合、聞いている限りでは、ライツ料は思ったよりも高くはないそうで、理想的な三方よしが成立していた。

しかし、お約束というか「アニメを誘致すれば、うちも振興する」的な短絡的思考の展開がいくつもあり、特筆すべきとしては『輪廻のラクランジェ』になる。ごくごく自然な形がいいわけで、意図的に観光地的、もしくは公共事業的に構築された展開というのは、オタクでなくても受け入れがたい(わかりやすい形ではあるので、一定層に対しては効果的だとおもうが、それはCMにある家が明るくてTVがあって家族が笑顔みたいな押しつけを考えずに受けられる人たち向けだ)。逆に「マチアソビ」は、フルスロットルで町をアニメ化しているもので、振り切りっぷりがよく、オンオフがピーキーなオタクからの受けはいい。なお真似るというは自治体のよくやることで、参考ではなく真似る。前例がないものを認めないスタンスが強いのがその主な原因だが、分かりやすい例としては、ゆるキャラが該当する。

といった前置きを経て、大洗。那珂ちゃんの地であり、またガルパンの地でもある。大洗がユニークであるのは、 フルスロットルに近いのだが、自然体であることだろう。またナチュラルに歓迎されている雰囲気もリピーターを生み出す要因になっている。それもだいぶ大きな。自治体の議事録を拝見してみたいものだが、ともあれうまく動かしていると思う。けっきょくのところ、地方の場合、景色がよくて食べ物が美味しいは基本スキルに近い。都市部であればビルが多くて交通網が発達していてお店が多いことが基本スキルみたいなことと同じだ。そういった部分は武器になるのだが、当たり前すぎて気がついていないのはお互いさまになる。

大洗の動きは、勝手にオタクがきているのを、フツーに受け入れて、フツーにリピーターを生み出す手段として活用し、フツーに周知して、たまにはっちゃけている。結果として、フツーにタイトルに関係なく、オタクが遊びにくる形になった。かなり理想的だ。

「1回きたからOK」ではなくて「またこよう」と思わせる雰囲気がとくに秀逸といえる。パック式の観光の場合「こことそことあそこ回ります! はい! この地は網羅したも同然です!」みたいなやり方は、もうレガシーじゃないかと思っていて「こういう地がある。そこへ行ってもいいし、行かなくてもいい」のほうがいいんじゃあないだろうか。

前者は明瞭だが、対象地としてはそれに頼る形になってしまう。つまり、外的要因による地域振興で、1ショットで終わるためサイクルが短い。後者の場合は、印象的なシーンがあり、そこ見たいだけでも動機になり、そのときに異なるフックがあればリピーターになる可能性が高くなる。もちろん、どういうフックを用意するかは、自治体の動き次第なので内的要因による地域振興へと進むからだ。最近、主にTVで「観光立国」を見聞きするだが、大雑把な挙動は外的要因に頼っている形で、先行きが不安だ。そう言われる前の形のほうが自然で良かったと思うのだが。あと爆買いも同じ構造なので、少し俯瞰して考えてみるのもいいだろう。

冒頭から思いっきり脱線してしまったが、3度目の大洗はあるだろう。お泊まりしてウロウロしたいし、撮影したいセクシーなオブジェがいくつもあった。ブロンズの鉄板ナポリタンは美味しかったし、おばちゃんがええ人であった。なにより、初回時はSuperGT取材の帰り道に那珂ちゃんちーっす!をしただけだし。

_DSC0064


_DSC0071


というわけで、α7RII+LA-EA3について。
位相差AFは便利は便利だが、フォーカスが高い確率で変なところへ行く。コントラストAF的に取得しやすいところを選んで、位相差AFを当てているような挙動とでもいおうか。散歩的に持ち出すにはいいが、仕事用となると逆にウザそうで、大洗にいる間に何度かMFで撮影することがあった。この場合、α7RIIのボタン配置がひどくピント拡大に適さないので、WFで50mmプラナーをテストしようと思っていたが、ちょっと装備を変更しようと決めた。描写についてはまんまなので、使いたいレンズが使えるのはいいことだ。おそらく後継機も登場するだろうから、アダプターとして扱いやすい性能になるといいのだが。(あと2016年はソニーにαが移管して10周年なので、α99以降となるハイエンドなαマウント機の期待もできる)

というわけで、以下、あんまり考えずに撮っていた写真を並べていく。後半になると平常運転だったが、やっぱり装備しては重すぎて途中からダルかった。

_DSC0076
_DSC0085
_DSC0067
_DSC0059
_DSC0091
_DSC0089
_DSC0100
_DSC0109
_DSC0113 1
_DSC0110
_DSC0126
_DSC0135 1
_DSC0149
_DSC0140
_DSC0157

001
コミケ89で発行した新刊「Tour:KEK」の委託を開始した。
例によってCOMIC ZINである。オンラインでは通販ページから入手可能で、実店舗である新宿店、秋葉原店にもディスプレイされているハズ。コミケで入手し損ねた人は是非に。なお委託部数は、在庫数の少なさもあって、少なめだ。

同本の詳細については、こちらを参照してほしい。

c89-sample

IMG_1872

α7RⅡは、LA-EA3使用時に位相差検出AFを使用できる。放置プレイ気味のαマウントレンズを活用できるわけだ。条件としてはSSMかSAM対応であること。ちょっと気になっていたのと、時間ができたのでソニーから借りてきた。挙動を見るともっさりコントラストAFといちおうの併用をしているようだ。というか、なぜか位相差検出AFがスタートしないときにコントラストAFになるので、挙動としては排他になる。

IMG_1874


テストしたレンズは、SAL2470Z2。 位相差検出AF時はフォーカスは速くて耐えるレベルだが、マルチフォーカスのときにわりと素っ頓狂な挙動をするほか、瞳AFやらロックAFを使用できない。相変わらず劇的に使いにくいフレキシブルスポットでどうこうする回数が増えるため、MFレンズとAFレンズの間みたいな感じ。399点あるから、それなりにレンジはあるから、マシはマシだけど、次世代バージョンでまた使い勝手がよくなるといいんだけど。

で、実質、αマウントボディお疲れ様でした的な流れなんだけど、ハイエンド機はEマウントでアダプタ前提になるのかしら。135mmとか85mmとか更新してくれるといいんだけど。あと、あれ重い。すっかりα7に慣れたので重い。10分くらいで辛くなった件について。

てーか、この機能、α7Ⅱにまで降りてこないかしらん。最新ファームで対応してたそうな。正直なところ42MP使わないし。 

もうちょっと使ってみよう。 

30

作業環境を2年くらい、ライター方面のストリームもあってノートPC縛り中心にしていたが、いい加減、画像ファイルがデカいだとか、解像度が足りないとかといったことを感じていたので、iMac 5K Late 2015をポチった。4年間はメイン作業環境でいけるように、スペックはスクリーンショットの通りマシマシに。AMD CPUはゲーム用にしよう、そうしよう。きっと年内に出るだろう。

iRam製DDR3 1867MHz 16GBモジュール×4を購入。価格としてOWCから買ったほうが断然安いのだが、事前のプリチェック済みであること、エラー発見時の交換がやりやすいということで、秋葉館でのIYHにした。ノートPC買えるじゃあねえか……。

DSC05747 1

43
32

メモリ足りねぇな!イベントが皆無になりそうなので、良しとしたい。1ファイル600MBくらいのTIFFを32枚突っ込んでも平和だし。あとスワップが生じない(たまに10MBくらい生じるけど)のは精神的によろしい。パネルも30bitカラーに対応なので、とりあえず、設定からONに。
 
  unspecified
Capture Oneでフローティングツールおいても余裕あってステキ。アニメみながら作業もできる。

詳細なレビューについては、後日、媒体側でやる予定。相変わらず、オールインワンとしては仕上がり良すぎだ。 

なおメモリについては8GBモジュール×4を買ってきたほうが圧倒的リーズナブル