踏まれ道

file:///C:/Windows/Desktop/ホームページ/index.htm

ふと。なんとなく。

同業諸氏においては、それぞれスタンスがあるため、以下の通りではない。またそれにより成立しているのであれば、正解だといえる。
 
ライターが生成する原稿の種類にはいくつかある。ザッと見てニュース原稿をはじめとして、レビューに紹介、コラム、小説、ラノベ、評論など。この中で属性が異なるのは、コラムや小説、ラノベなど。つまり、その個人の文体や性質が先に大きく出てくるもので、それら以外については情報を伝えるために文字列を生成しているにすぎない。といったのが、かれこれ10年以上、編集・ライター業をしてきて思ったことだ。

駆け出しのころ、センスと文才に欠けると言われていた。3年で終わり。そう言われたこともある。実際のところ、センスと文才はない。それをかわいそうに思ったのか、技術を教えてくれた人たちは口を揃えて「楽しめ」といった。 正直なところ、なぜいまだに続けているのかと問われたら、まともに答えられる自信はない。「満員電車に乗りたくなかった」としか言わないだろう。

この仕事はいわゆるブラックで、辛いことが圧倒的に多い。けれども「楽しめ」である。人が生み出すものというのは不思議なもので、制作サイドの感情は確実に乗って、それは読者にまで十分な余力を残して届く。逆に楽しんでいない場合はどうだろうか。つまらない印象が十二分に届く。「つまらない」と思って書く、記者的な原稿では実はアリだ。取材でいった発表会のレポートは魅力的に書くべきかといえば、そうではない。有用であるか、実用的であるか、現実的であるか、誰かの役に立つのか。または体裁上のリリースにすぎないのか。 そういった判断のすえ、つまらないものだと強く感じたのであれば、それはそのまま流せば、有用な情報になる。読者が有用であると感じたり、楽しんだりできれば、その原稿は役目を果たしたことになる。

自分がよくやる記事には、文才もセンスもいらない。文法についても、日本人として生まれたのであれば、生存年だけ日本語を母国語として活用してきたネイティヴである。だから文法的な理解度の深さが必要なのかといえば、そうでもない。要素が伝われば良いし、書いていくうえで、書籍や記事などを過度なほどインプットすれば、それが蓄積されて標準的な形になる。そして、原稿を書いたら、大きな声で音読する。それだけを愚直に3年。それだけで形になる。あとは楽しむ心とタッチ&トライがあればいい。

ただ人は十人十色で、文体と表現はやはり異なる。5W1Hのフォーマットに沿い、さらに中学生でも読める簡潔平明な文章を意識しても、その個人のクセや色はにじみ出る。それは残すべきものだが、それに頼るのは間違いだ。上記しているように、情報をどう見せるか。文章はその手段にすぎない。A〜Zの情報があった場合、どの情報から見せ、どの情報を割愛するか。そういったパズルだと思っていい。また文章だけでなく、写真や表もその手段のひとつだ。文字で分かりづらいのであれば写真、データとして見せるのであれば表。なぜライターが文字列をベースにするのか。それは単純に特定領域内に情報を最も詰め込める手段だからにすぎない。そう割り切ることで、作業性も向上するし、見せ方への意識も高まる。最終的にクリエイティヴとなるかもしれないが、自身としてはクリエイティヴである意識は皆無で、技術職である認識が強い。

記事を読んでもらうということは、その人の有限である時間を専有すること。であれば、その時間を満足してもらうために、知恵を絞り出す。それが礼儀であり、ライターや編集者が読者にできるただひとつのことだ。読者は恋人。そう思うこともある。相手を想い、有益な情報を用意し、サプライズを用意して自分も楽しみ、相手にも楽しんでもらう。構造的にわかりやすいため、このあたりはプロレスと表現するばかりだが、ギミックは同じだ。

また一次ソースであるように思えるが、二次ソースであり、また物売りの部類に属する。その場合、自分と読者以外を意識する必要がある。サービス業者であったり、メーカーであったりだ。三方よし。それを守る必要がある。その製品が有益でない場合、もしくは仕上がりが悪い場合もあるが、褒めるだけだと三方よしにはならない。あえて釘を刺すことでメーカー側には次の糧としてもらう。そういう形で三方よしは成り立つ。タイアップでもそうだ。ここまではできる、これはできないと明記を入れる。そうではないとしたい場合の依頼は断っている。またタイアップでもあってもあまり意識をしないで原稿を生成する。大人の事情や編集サイドの判断で変更されることは多々あるが、それでもこちらの意図を残してくれるところばかりだ。

やや偉そうになるが、ブログやそれに近しいメディアのライターと編集諸氏は、楽しんでもいないし、三方よしも完成していないし、読むことによる時間の専有も考えていないと感じる。生活や承認要求のためといえばそれまでかもしれないが、幸福とは流転するものだ。誰かを幸福にしたい。知っている人の範囲でもいいから幸福にしたい。有限たる時間を奪う対価はなんであるか。それくらいの意識で原稿はグッと良くなる。

思いつきで書いてみたが、なぜかと言われるとよくわからない。第一線の編集すら、上記したことを意識していることもなく、また後続に伝えている節がないと感じたからかもしれない。いいから音読しろ。それだけかもしれないが……いまの仕事に疑問を感じているのかもしれない。ただ疑問は、次への活力になるものだ。一過性のものだろう、きっと。


000

ものテク:上海問屋で売っているmicroSDカード速度選手権【2015年上半期】 

みんなひとつは買っているっぽいmicroSDカードのベンチ記事。上海問屋オリジナルは絶対にロットごとで性能違うだろうと思いつつ、超高速版は価格的にフツーにあり、なんとなくどこのOEMかわかる感じの結果になったが、購入時の参考になれば幸いだ。
 

016


4Gamer:ハイスペックなSIMロックフリースマホ「ZenFone 2」レポート。手堅い作りでMVNO SIMとベストマッチ

 
ハードウェアに関するのは、いつものように4Gamerに記事が掲載されている。

少し追加して感じたことなどを。いわゆるキラキラポイント、萌えポイントがやや弱い端末に見えた。これは供給会場であったり、iPhoneやらXperiaやらGalaxyやらがビジュアルインパクトにだいぶ力を入れているのもある。LeTVもそうだし、微妙に失敗している感もあるが3辺狭額仕様のAQUOSシリーズにしても。そう見ると、ZenFone 2はだいぶフツーだ。背面からのビジュアルはけっこういいのだが。

売りとしては、スペックと価格。これはMVNO向けとしてすごくいいライン。 まずはASUSとして、このあたりから切り崩していくのかなぁといった印象を受けた。あと、キャリア端末の高騰化があるので、そういった層も狙っているのかもしれない。もうひとつ、勢いとスタンスを見てみるとキャリアスマホを食いたい意志が強く見える。総務省は解約手数料をナシにするべきと相談を始めたので、少し先の未来はどうなっているのか。やたらとiPhone帝国の日本。その層は早々動かないと思われるけど、Anroid勢はそうでもないので、MVNOパートナーとの動きはしばらく注視したいところ。

それにしても……
001
禅太郎=サン、カワイイ。ZenZenカワイイ!!
 

060


4Gamer:国際大会の出場を賭けて騎士と武者がリアルでぶつかり合った「STEEL! チャンピオンシップ 2015」をレポート

というわけで、半分くらい趣味で取材しているアーマードバトルの記事。今回はリングも会場も大きくなり、知名度が高まっているなぁといった印象だった。生で見ると金属の衝突音が楽しいのでオススメ。国際大会の取材とか行きたいにゃー。(なにかのIT系イベントといっしょにいく感じでないと予算的に詰むが)




_DSC8721


α7シリーズのシステムはコンパクトでありつつ、画質も良好なので、カメラが主役ではない取材カバンの中においては、けっこう優れた存在なのですっかり愛用している。というわけで、FE 24-240mm F3.5-6.3 OSSをソニーから借りてきたので、取材用にいいかしらとチェック中。

取材において求められるのは、1.広角から望遠まで対応して、2.かつ手ぶれもあって、3.そんなに大きくなくて、4.重くもなくて、5.写りもそこそこよく、6.けっこう寄れると、まぁ便利ズーム的な要素になる。軽量な便利ズームであるFE2870の望遠までいけちゃう版が理想だったりするのだが、
FE 24-240mm F3.5-6.3 OSSの場合でみると、1と2はクリアしている。3はレンズがでかいが取材カバンの中で邪魔になるかといえば、それほどでもない。4はアウトに近い。約780gでコンパクトで軽量なEマウント系αのシステムの魅力を殺している。5については、条件付きで個人的には50〜200mm付近はだいぶイイ感じだが、24mmよりはけっこう厳しい。取材ではだいたい会場風景とかそんなところでしか出番がないことが多いので大丈夫だが。やはり多いのは50〜200mm付近。望遠ゾーンはだいたい壇上のろくろ回し職人と撮るとか、高所のセンサーやアンテナを撮る場合。クロップを含めると、24-70mmか24ー105mmで事足りるのだが、FEにもあるはあるが、ヤツは高すぎるし、デカすぎる。

IMG_5101
↑24mm時

IMG_5100
↑240mm時。だいぶ長い。

問題は6。
最短焦点距離が50〜80cmであること。つまり、取材中によくある手に持ったカットが厳しく、さらにリストバンド型デバイスについても同様になる。24mmで撮ればいいのだがあとあとのトリミング面倒なのと、筐体のサイズ感がおかしくなるので、そこいらを回避するのを考えると、40〜50mmくらいで手持ちが撮れないと困るわけだ。逆に最短80cmというのは便利ともいえる。なぜかというと、150〜200mmくらいで、展示されているスマホなどを撮ればトリミング不要にできるからだ。この点で、展示会や発表会においてパネルをアップにしたい場合の安心度も高い。たまーに後ろに下がれないこともあるが、そういったときは別途レンズをもっていくほかなさそう。

_DSC8549
↑35mm。よくあるカットだが、わりと腕を伸ばす必要があり、またトリミングの必要性がある。ボディはα7。以下同。

_DSC8550
↑50mmくらい。これが理想なのだが、腕はおもいっきりまっすぐだ。ただiPhone 6 Plusでこれなので、小型端末の場合は面倒が増えてしまう。70mmでも可能は可能だが、背中を反らせる必要もあって大変。

_DSC8545
↑150mmくらい。ある程度離れて撮る場合は文句はない。1.5〜2段絞るといい感じ。α7sほしい。

_DSC8682
↑240mm。240mm時は最短焦点距離80cmになるため、小物を狙うにもいい。ただやや甘いので絞ったほうが吉

といった具合であり、壇上でろくろ回す偉い人を撮らなくてはいけないときにも耐えるし、小物もそれなりに狙える。手に持ったカットにはだいぶ不向きなので、取材内容によってはレンズを変更する必要がでてきてしまう。価格が意外と高めなのも迷いどころ。FE70200Gがあるのでとくに。ただボディとセットで買うとして、予算があるうえで、さらに便利ズームほしいというのであれば、FE 24-240mm F3.5-6.3 OSSはちょうどいい感じか。

_DSC8708
↑地味にネコちゃん撮影に便利だった


絞るとけっこうぱりぱりするので、フットワークの良さがやはりいい。


がんばるとポートレートにもイイ感じ。ちょっとズームリング重いんだけど。
 
Flickrにα7sでのテストデータを追加した。








 



取材用にほどよく寄れるマクロがいるなぁとおもって、CONTAX Carl Zeiss Makro-Planar T* 60mm F2.8Cを入手した。FE90mmG出てないし。

手に持ってスマホを撮るだとか、アウトカメラに寄るだとか、または会場風景、コンパニオンさんを撮れるやつということで。60mmなんで会場風景はちょっと面倒くさいが、FEマウントにそこら耐えるレンズないし。24240は最短が遠すぎて手持ちカットに不向きだし。(35-50mmで最短40cmだったら迷わず買ってた。そこ以外はパーフェクトに取材用レンズ)

発色はあちこちで見た通りに近代的。コントラスト強めにくるため、いいかんじのこってり感で製品撮影にいいし、フィギュアにもよさげ。現行製品であってもいいような気がする。

Flickrにテキトーテストをアップ中。

こういうのが楽に撮れるといいわけで。


スナップとかポトレにもよさげ。フレクトゴン35mmもほしくなるな、これ。


ASCII.jp

可変式PHSでハート型とストレート型のデュアルビジュアル持つ変態端末だ。モデルは例によって姫乃たま先生。主役を引き立てつつ、自分も映えるってのができるモデルさんは、ほんと少ないので、いつもお世話になっている。

それで、Heart 401ABがあまりにローターなビジュアルだったので、チャレンジブルなカットを用意したら、見事に没を喰らった件について。

そんなわけで没カットは以下。



……たしかにあかんわ。

ねころむパケ


姫乃たま先生のお写真集の撮影担当をしたのでお知らせ。
あとから調整かけようとおもってたんですが、姫乃たま先生が撮って出しを気に入っていたので、自分としては珍しく、ストレート現像データばっかり。機材はα99+2470ZA、50/1.4、α7+1635ZA。ライティングは1灯、ときどきレフ。トランスルーセントアンブレラがやっぱとても楽い。

諸元については、姫乃たまのあしたまにゃーなに掲載されるかと。

IMG_1856



IMG_1855



すっかり足置き主様である姫乃たま先生に踏んでいただくなど。パンツ忘れてたそうなのでモザイクという設定。

IMG_4262


 2015年1月21日、タイトルの通り、auからFx0 LGL25用バンパーの改良版が届いた。auのオンラインサイトや実店舗で販売されているFx0バンパーセット/ゴールドのダメだった部分を直したというバージョンだ。発端としては、週アスPlusに掲載されている、以下の記事にある。

『Fx0』詳細レポート アプリを“つくる自由”とバンパーを”削る自由”

 上記記事において、デフォルトのバックパネルでもmicroUSB端子の接続が厳しく、さらに初回限定のクリアバックパネルだとまず接続不可になるので、削ったわけだ。デフォルトのバックパネルとクリアバックパネルの厚みが微妙に違う点と、そもそも開口部が共通ACアダプタ03でギリギリすぎであるのが原因。加圧が掛かると弯曲するため、デフォルトのバックパネルでも高い確率でまずアウトコース。パッケージには純正だけだよーんとも書いてなかったので、購入層の大半は「しょうがねぇなぁ」と削るんだろうけど、よくよく考えると不良品だよなこれとau SHINJUKUにお電話したところ、広報たんから「改良を加えたなの!」と届いた。

 改良された部分は見る限りだと、開口部のみ。クッションを挟んでいるのかなーとおもったが、クッションの追加はナシ。それで、冒頭の写真は上が前バージョン、下が改良バージョンで、とてもよくわかるくらい開口部が大きくなっている。最初からこうしとけと思ったりもしたが、いくつかのUSBケーブルを接続してみたが、気持ち余裕のある状態になった。

IMG_4265
↑デフォルトのバックパネルの状態で接続したところ


IMG_4267
↑クリアバックパネルで接続したところ。多少弯曲してもケーブルを接続できそう。ただ共通ACアダプタ03よりも太い場合はムリっぽい

 改良版が届いてから、ズボンのサイドポケットにFx0とGalaxy S5 ACTIVEを一緒に入れて移動して、上記週アスPlus記事のときと同じ負荷をクリアバックパネルの状態でかけてみたが、いまのところUSBケーブルが接続できない状態にはなっていない。また数日経過でエラーが出るかもしれないが、そのときはまたエントリーを書くとする。

 
 

_DSC0136

コミックマーケット87、おつかれさまでした。今回は3日目Q-19aでお越しくださったみなさま、ありがとうございました。COMIC ZINへの委託は月内にがんばります。(夏コミ新刊をまだ送っていないことを思い出しつつ)
で、ほぼブースにいた状態でしたが、今回はちょっと時間を作ってコスプレエリアにいってみたのです。冬コミのときは光線が楽いので、夏に比べるといくかーゲージが高まる。ただまぁ、人いっぱいだったとかブースもどんなきゃで20分もいなかったわけだけど。なお装備はα7II+135ZA+i40。一部QX1ハンドガン

_DSC0104

売り子をお願いしていたかにぱすた=クン。にこにー。

_DSC0140
_DSC0146

柊雪乃おねぇさま。毎度売り子をお願いしているんですが、今回はオリジナル。某ドイツ系艦娘感はある。そしてよい。

_DSC0117 1

屋上エリアにて。i40忘れたんで順光で倒す精神。Liaさん(@hrdlia)
男装慣れしてる人は目がうまくていい感じ

22_DSC0113

咲夜みことさん(@mikoto_s)
i40忘れてきたんで、取り急ぎアゲアゲDレンジ頼り作戦

DSC09957

ぷかぷか丸(艦これのロード画面のアレ)。これはQX1+FE55

_DSC0120

んで、開催中に屋上まできたのはだいぶ久しぶりなんですが、いやぁ人いっぱいですなぁ……


_DSC0126 1

_DSC0155




_DSC0162 1


_DSC0163

で、冬期はちょうどいい感じに15時付近から光が差し込みはじめるわけで、やっぱりとてもイイ感じ。天井にある整備用通路とか撮りに行きたいのう。





c87-webcata

というわけでコミックマーケット87は3日目Qー19aに配置されています。
物は以下。

hyou4-hyou1

表紙はこれ。あんまり刷ってないんですが、だいたい出る数は毎度同じなので問題ないでしょう、うん。
 

3日目Q-19aツインテで、新刊は
久しぶりに高エネ研の写真集です。
現在、KEKBは改修工事中でレアなカットは多いっぽい。

表1と表4は完成済み

あと30P、たぶん間に合うだろう。