踏まれ道

file:///C:/Windows/Desktop/ホームページ/index.htm

1545721_674992382568411_7935944515811646888_n

男児が多大にお世話になっている女優業の方に踏んでいただくなど。その2。
しかしながら、踏み方がとても上手く、パッと見ではウェイトがかかっているように見るが、ほどよく点加圧であり、プロだなぁと思ったのであった。

IMG_3095


iOS 7.1.1のアップデート対象になっていた指紋認識精度の向上。ひとつ前のアップデートでも実行していて、ようやくマシになってきた印象がある。以前は登録し直したあと、しばらくはOKだったが、2週間くらい経過でダメぽだった。

結論からいうと、ちょっと手汗をかいてたら拭け、手のお手入れしろ、センサーが汚れていないかなのだが……チェックした内容は次の通り。とくにおっさん連中の場合、日々ハンドクリーム(寝る前だけでもいいから)で手を補正しておいたほうが、Touch IDの成功率は上昇する。あと生体的な相性は謎いので、下記を実行してどうにも打率8割以下だった場合は、使用しなくてもいいんじゃあないかなと思う。

ただまぁ、仕様がいちまいち不明な点もあるので、下記も参考程度に過ぎない。

・1項目に指をひとつ登録
→デフォルト

・同じ指を複数登録する
→たとえば指の腹、側面

・1項目に対して複数の指を登録する
→1回のタッチごとに指を変更していく。1項目に5本全部も可能だが、精度的にはなんかダメだったので、2本にしておくといいかも。ただiOS 7.1.1になってからうまく行きにくくなっている感

iOS 7.1.1で試した限りでは打率9割をKeepしている。なにを延々とそれぞれ100回も試していたのかという気分だが、そのチェック時に失敗したときはだいたい手汗がちょっとあったとき、もしくは脂でセンサー面が汚れていたときだった。センサー部分の清掃についてはクリーナーとか不要で服の端っこで拭いてみるだけであっさりと通過するようになった。なおチェックした指の補正は、日々、まかないこすめのハンドクリームで行なっている。

また以前、Appleサイトでロック画面解除時に指紋センサーの精度補正を行っているといった記述を見た覚えがあったのだが、検索してもするっと出てこなかったので見間違いだろう。もうひとつ指紋登録画面でポチポチすると登録している指紋である場合、項目が点滅する。そのときに補正されているといった記述をどこかのBlogで見かけたが、補正はしてないじゃあないだろうか。そもそも公式の記述が存在しない。

手の乾燥状態については、OSバージョンは異なるが2月にチェックしている。そのときの平時の打率は8割。それがハンドクリーム補正を1週間しなかった状態で4割に落ちた。

このほか精度が落ちる要素としては保護フィルムがある。Touch IDが起動するにはホームボタン周辺のリングにも指が触れていないだめで、厚みのある保護ガラスだとそもそもTouch IDがまともに動いていない可能性がある。
 

DSC03225_DxO
↑試しにiPad Air、iPad mini(2013)、Miix 2 8、MobileBattery×2を充電しているところ

低価格の割に評価の高いらしいUSB充電器Anker 40Wを購入した。気がつけば、USBは世界初の統一電源規格になっており、また帯域・仕様的により優れたThunderboltの出鼻を延々と挫いてる感がある。個人的にはThunderboltにがんばってほしいのだが、IEEE1394と同じ道を辿りそうな気配する。とはいえ、DPとPCIE的なラインであるのは便利なのだけど、周辺機器がないのはどうなんだろうなぁ。最近、PCとMACを接続できるThunderbolt Networkも出てきたけど、使うシーンあるんだろうか。まだタブレットに搭載したほうが未来がありそうなんだけど。 

そんなことより、Anker 40W。発売からだいぶ経過しているので諸情報は各種メディア・ブログから取得可能になっている。買おうとおもって忘れてて、昨日、Twitterで見てポチったわけだ。USB端子を5ポート備え、最大8A。Power IQという接続機器に応じて自動的に最適な出力仕様に変更するところがウリ。それ以上に安いのがウリ。現状、iOSとAndroid機器では信号が異なっており、iOS対応を謳うものでAndroidを充電しようとすると、出力が0.5A止まりということがよくある。またWindowsタブレットも同様で、Android向けのものでないと出力が出ない傾向にあるため、いくつかの製品が混在している環境だとこのあたりはGalaxyめんどくさいわけだ。そのあたりをPower IQで解決できるよってのがお手軽。

DSC03228_DxO
↑出力回りを気にせず使えるお手軽さん。amazonれびゅう見てるとハズレはほんとハズレっぽい

分解記事によるとヒューズがへちょいようなのだが、とりあえず、8A出力6時間耐久レースはクリアしたのでしばらく使えるかなぁと思われる。出力傾向を見てみると、同一ケーブルで上から順番に刺してみた感じ、上から3番目のポートは最上段・最下段のポートよりも0.1〜0.3A低いケースを確認したけど、誤差でいいんじゃあないだろうか。またiPadシリーズを4枚充電してみたところ、およそ1.7Aで安定していたので、カタログスペック通りか。どうでもいいことだが、Apple純正のLightningケーブルは最大1.7Aを確認しているが、GRIFFIN製Lightningケーブルだと、2.1Aがキレイに出ていた。もっとも校正済みの計測器ではなく、上海問屋でレビューした計測器ベースなので参考値になる。

また8A出力6時間耐久レース中の発熱はそれほどなく、ほんのり暖かいくらい。コイル鳴きはしていないが、あれは突然とすることもあるので様子見。気になる点は、電源内蔵でありがたいのだが、メガネケーブルがけっこう引っこ抜けやすい点だろうか。ただまぁ、メガネタイプなのでメガネタイプ対応の電源タップとAnker 40Wでお泊まりするときも安心であるのはありがたい。つうか、えれー安いよなぁ、これ。

DSC03237_DxO
↑メガネタイプだが、なんか引っこ抜けやすい感。詰め物すればOKだけど。










 


wam977_cover_480_o_


週刊アスキー5/6号 No.977(4月22日発売)


「8インチタブレット超強化ワザ20」特集の6Pを担当しましたです。今年混戦であろう8インチクラスのタブレットシーンのなかで、おそらく王者となるとであろうWindows中心のもの。ストアアプリ以外は環境できてるから楽なんだけども。とりあえず、ストアアプリどうにかならねーかなぁである。個人的には高速描写時の応答性能チェックが胸アツだった。OS的に、あの部分はチューニングできないから、部材の差なのかなぁ。

 

20140414kono_adobe005_cs1e1_1000x


週アスPlus iPadでRAWデータを超現像!! 美少女でLightroom mobileの実力を試す

何かとタブレットデバイスとの連動機能を強化しているAdobeさんちの新アプリLightroom Mobileの記事。すでにPhotoshopの機能実行用アプリもあったりして、ちょっとずつだがワークフローの提案が明瞭で、どこかのマイクロソフトも見習ってほしいものだ。写真は例のプールのストックからリサイクル。そろそろストックがなくなってきたので、撮影せにゃいけませんなぁ。ところで、もはや当たり前のように「林さんの水着お願いします」といわれるのは、どうしたものか。


000_900x600


ASCII.jp NUCよりも小さいECS「LIVA」、超小型格安PCの性能を探る

しばらく音沙汰のなかったECSからの新製品、超極小ベアボーンLIVA。スペックはお察しなので、用途はだいぶ限られるが、それだけに自作野郎どもにはウフフな製品。ちょっとIYHしてM2から強引な拡張をしたい。(Key No確認し忘れたのもある)。





DSC03170_DxO
写真はまったく関係ない。

集中力を高める方法として、よく挙げられる「目を閉じた状態で片足立ち」。1分ほどやるとOKなのだが、意外とバランスを保つのが難しいものだが、そのときにイメージを利用するとより安定して長い時間行ないやすくなる。左右、どちらの足でもだ。

まず天津飯を思い出してほしい。あの3つ目の排球拳いくわよーの人だ。その第3の目があるとGalaxyにイメージしよう。ちょっとその部分がむずむずしているといい感じ。次は片足立ちにシフトして、目を閉じる。このとき、第3の目で水平線の彼方に嫁だとか秘書艦だとかがいると思ってそれをガン見するイメージを描く。すると、両手を広げてバランスを取っているだけだった状態よりも格段にやりやすくなる。なおイメージは好きなものでもいいし、とにかくイメージしやすいものがいい。そしてなるべくバカなイメージが良好だ。

自分の場合は、猫足立ちで前足を思いっきり浮かせた状態で行なっている。イメージは地平の彼方に猫ルリがいる、だ。躰がバランスを覚えているというかなんというか、理由はわからないのだが、構えたほうが楽。

※だからといって、原稿をガンガンと書けるわけではない。それとは別である。


_DSC3876_DxO

例のプールの一件以降、お仕事をお願いしている姫乃たま先生のお話。上記はお仕事の未使用カット。ご本人に「おめぇなにやっとるだー」といわれたらこっそりサシカエます。


媒体キャッチが正しくないよねっていつも思うおたぽるの連載記事。ネタがキャッチーであり、みんな微妙に気になる話題であったり、正義を気取りたい人や正常を気取りたい人も釣れちゃったりする、ワイドレンジな連載。正義や倫理マンを気取る方々の反応が美味しいです。おーいい子ちゃんぶってYOUドヤ顔かーとSNSの反応を意地悪く見ている。個人的に三大欲求に対して否定的であったり、気取ってたりする人は信用できないです。生物的にどうよって思う。人間的になると思想と文化人類の世界になるので、それはまた別。なお、おたぽるの媒体キャッチは「オタクじゃないほど楽しめる」が正しい編集状況だとおもう。
 
ポイントとしてはネタに対して文章が追いついているところ。読み物ベースでよくできてるので、ビジュアルも含めて馴染みやすくなっている。この点がこの先生の武器ともいえる。作文の上手いひとは、ほんとうらやましい。ネタもイメージしやすいんで、読んでみるとよろしかろう。音読してみると組み立ての上手さがわかる。

さて。自身の場合、生業としては70%ライターなので、端から見ると文才のあるほうに見られがちだが、厳密にはNo。日本語であって日本語でない商業用日本語には慣れているが、文才はない。というか、文才がないなーとこの業界に入ってすぐ納得したので、文章力についてはまったく自信がないし、あるとも思ったことがない。音読して意味通ってるかな〜の繰り返しとフォーマットの活用でいまに至っているだけ。そもそももって、ライター、とくにテクニカルライターの場合は文才なんぞは不要で、数学的思考ができたらそれでOK(ロジックなこと書くので数学の数式みたいに書けたほうが楽)。文章を使用しているのは、指定領域に対してもっとも情報を詰め込める手段だからに過ぎず、文章に対しては別段思い入れがない。意識しているのは、簡潔平明で高校1年くらいでもちゃんと理解できることを主としている。情報を見せる・伝えるを考える仕事であって、文章を書く仕事ではない。可能であれば原稿を書きたくない。リードは大嫌いだし、見出しもきらいだ。

と、そんな感じなので、読み物としての文才のある人は、ほんといいなぁと思うわけです。 

あ、あと男も枕営業持ちかけられることもあるので、まぁそんなもんですよね。逆枕なフラグに遭遇した男児は多いと思うし、ギャラの代わりに超遠回しにボディって臭わされた人も多いじゃあないすかね。 
 

_DSC3890_DxO

 

033_900x600

ASCII.jp お台場の新ショートカット! 国道357号東京港トンネルを歩く

2015年度に開通予定の国道357号東京港トンネルを取材してきた。アスファルトのないトンネルはけっこうかっこいい。個人的にはどういったアスファルトを敷設するのか気になるし、そのあたりの実証とか見学してみたいもんである。低騒音は当然として、最近できた圏央道とかだと排水性能加味だったりするし。

140411kga_nico023_cs1e1_900x

週アスPlus 超アニメエリアで進撃の巨人の立体機動訓練に挑戦したりヤミちゃんの服を透けさせたり|ニコニコ超会議3 

ニコニコ関連の取材って初めてのような気がするなーと思いつついってきた。艦これよりも、ヤミちゃんである。あとアメリカザリガニ両氏に会うのは、だいぶ久しぶりのよーな気がするんだけど、何年前だったじゃろ。ニコニコ超会議3は取材に行くかもだが、その前日、半日くらいスタジオでおねーちゃん撮影予定なので日程的に厳しそう。にしても、巨人くんがきもくてよかった。
 

l090706_kek3

食いついている層のパターン的に、ビミョーな不安を覚えつつ、試しておくのが仕事でもあるので、noteに2009年に刊行した同人誌を置いてみた。200円で。サイト側で自動的にリサイズをするようで、長辺1200になるのは、なんだかなぁ。300ppiではあるので小さい冊子を自分で作るくらいはできるんじゃあないだろうか。

中身についてはアキバBlogの掲載記事あたりを確認してください。

About:Photo KEK電子版っぽいのの購入はこれクリックよろしくなのです

 

_DSC5699_DxO
↑右上にあるものが、Godox WITSTRO+ AD360。専用構造のソフトボックスを使用している状態。ソフトボックスはディフューザーナシで円盤入れるとオパっぽくなる。

家で撮るときもあれば、出先で撮るときもあるし、フットワーク軽いの考えると、外付けフラッシュかなぁとおもっていたら、CP+2014のKPIブースでGodox WITSTRO+ AD360という、外付けフラッシュのビジュアルをしたモノブロを発見した。都合良さそうだったんで、新宿ヨドバシでタッチ&トライして購入することに。フル発行450発(使っても1/4なんで800回はいけるだろ的な考え)、コメットさんちのモノブロとバッテリーよりは軽く、機動性がステキに高いぶん、独自規格多々といった具合。ラジオ機能は技適通過機材の流用可能だが、高いのがアレだ。AmazonさんちにGodox製のワイヤレスキット売ってるけど(安い、CellsⅡはHSSに対応するらしーがEOS系列のみっぽい)

ともあれ、取材用バックパックに押し込めるので荷物ひとつで済むのがメリットじゃろか。自宅用に別途モノブロ入れりゃいいじゃんって話でもあるが、んむ。

以下はテスト撮影。
_DSC5736_DxO
ソフトボックスセットだと5400〜5600K。ディフューザー付けると6000K前後な感じ。まぁ楽。

_DSC5697_DxO
↑光源は上方80度付近。カメラから見て左側に白、右遠めに黒。

_DSC5561_DxO
ちょい逆光状態でデータ取り。前方遠に白×2





DSC02803_DxO


片側が完成してるところの見学会にくっついて写真を撮ってきた。
詳細はこちらとして、 来週あたりに記事が掲載されると思うのでお楽しみにー。
海底トンネルだからか、セグメントがツルツルさんで、まぁできたてトンネルだった。
お台場側からのトンネルはこれからなんで、始まったら泥くさい状況の撮りにいきたいなぁ。 

DSC00032


ASCII.jp “ぼっち”撮影を極めた!—ソニー「α5000」

不定期に行われるやりたい放題記事の割りに、本文はテクニカルに寄っている恒例のアレ。α5000がえらく出来いいのと、スマートリモコンで弄り放題だからやれるぜということで。もう少し慣熟できると、Extremeなことをしやすい感じなのだけども。ともあれ、スマホ側からあれこれ弄れるのはとても便利ね。 

_DSC3434_DxO

ASCII.jpテクノロジーは「なんかわからんけどカッコいい」から始めよう!

ASCII.jpのライター陣で好きにウフフする企画がスタートしたので、第一波としてウフフ具合を語ったなど。あと2回担当してて、たぶんウフフな場所へ行けるかと思うのでお楽しみに。プリクラの今ってのも聞いてみたかったのだけど、ほとんどブラックボックスらしくてダメーって返事がきたのでショボボン。ハードはともかくとして、ソフトウェア設計とか光源設計とかはあかんわなぁ。

010_c_900x600-1


ASCII.jp「DSC-RX100M2」の初心者向け機能を詳しくチェック

RX100M2の2回目。エントリー向けの機能だけど、テキトーに撮りたいときにも便利なので慣れてるヤツらも安心。個人的には超解像全画素ズームが違和感なくて好き。光学は100mmだけど、そこから200mmまでに対応。JPEGオンリーだけども。にしても、すっかり暗所は強くなりましたなぁ……ISO5桁とか。

ASCII.jpiPhoneを手にしたら真っ先に入れておくアプリ10選

新生活向け的特集2回目。まるで新規でiPhoneをゲットしてみたらインストールしてみようね!的な見出しだが、けっこう趣味。大辞林は2500円と高いのだが、情報量が半端ないうえに小便利なので末永く使える+UIがステキなんで、損はない。









 

000_588x

ASCII.jp「DSC-RX100M2」—柔軟な操作カスタマイズがうれしいRAW対応コンデジ

NEX-5Rがカバンに対してやっぱでけぇということで、年末にウフフとIYHしたRX100M2の記事が掲載。あと2回掲載される。気分次第であと1回追加可能だが、動画回りの性能も要チェックであったりする。コントラストAFなので動画撮影時をみると、前後の追従はやや弱い感じだけど、日中なら問題ない感じ。(夜はがんばろう)

使い勝手がいいんで、すっかり取材はRX100M2でござるよ、にんにん。
モデルは姫乃たま先生(ロケいったときに何気に5回分撮影とかしていたのであった) 

30


週刊プレイボーイ No.14でちょこっとXP絡みで書いたり、ネタ出ししたりなどなど。
まったく肌色と縁ございませんなwww(前回は艦これ絡みだった)

直接的なDMGはないんだろうけど、踏み台にされる確率はめっちゃ高くなるよね。
すでにXP用のATKツールは準備OKらしいし。でっかい某国内において。

といっても。Windows XP 2013とかすっげー気になる。いろいろすごそうだけども





kinei0213_c_600x800

その1と同じく、データが行方不明だったので、ASCII.jpの記事から引っ張り。
黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子黒子