005

 2015-2016冬春モデルとして、NTTドコモとSoftBankからの発表が終わった。KDDIについては、Xpreria Z5を10月末?に発売と情報が出ているので、実質、この状態で新機種が出てくることになるようだ。といっても、KDDIについては隠し球があるのかしらんな雰囲気なので、またフラッと発表会があるのかもしれない。またSIMフリー端末についても、HTCやBlackberryさんなど、あれこれと登場しているが、まぁ取材でいったのは、キャリア中心なので、総括として。

 Snapdragon 810がどうしたものかだが、ソニーはそのまま発熱に対応して投入、SHARPや富士通はSnapdragon 808のヘキサコアに落としている。LITTLE側がクアッド、big側がデュアルコアの構成。Nexus 5Xも同様だけど、スペック差はほとんどないので、記事でも書いているが、好きなのを選んでもほとんどの場合で問題はないだろう。チューニングについては、妥当なラインだとやはりNexusで次にXperia。電源管理が気にならないのなら、AQUOS miniかしら。AQUOS miniはあれでなんか完成形に入った感があって、すごくいい。電源管理オフにできるスイッチを開発者モードオンにしたらどっかに出るとかしてくれないかしらんね。arrowsはなんだ、まぁがんばれ。M02はイイ感じ。

 ただし、Xperiaについては、3兄弟とも熱ダレが目立つ結果だったので、短時間ならともかく、長時間の高負荷をかけるケースが多いのであれば、検討は必要かもしれない。この点は、
Photo Analyzer Serviceが原因でないかと特定している鈴の音情報局ブログの検証結果からすると、同独自機能をKillすれば打開できそうな気配もある。レビュー端末がきたらテストしたいところ。週刊アスキーWebでも試しているが、STAMINAモードにしたほうがベンチマークスコアが高い時点で、何かしら邪魔しているのは明瞭ではあるけども、SoftBank発表会時に説明員が、ドコモよりは独自機能入れていないので軽いですねって発言がすべて物語っているような気もする。global版を置いておけばいいじゃないかよう。

 発熱のテストとして導入しているデレステについて。ベンチマーク扱いだが、いつものことなのでベンチマークだし、ベンチマークアプリの数値は目安であって、順当に進化しているのか、そのSoCの妥当な性能が出ているのかを確認するすべであって、実用途にあまり影響はない。もちろん、サブスコアを見ていくと、これよわそうとかわかるのだけど、実際に弄ってみるのほうがいまは伝わりやすい。とうことで、GPUをキレイに使うデレステで発熱テストなわけだ。SoftBank発表会時に追試して、およそ判明しているのでそっちを見てもらったほうが速い感じ。ぺしぺしIkinaもそうだけど、用途よりのチェックはまいど楽しい。

4Gamer:

Xperia Z5三兄弟や「Nexus 5X」の性能と発熱を「デレステ」で検証。NTTドコモ2015~16年冬春モデルテストレポート前編

虹彩認証が売りの「arrows NX」や安価なタフネススマホ「Galaxy Active neo」の実力は? NTTドコモ2015~16年冬春モデルテストレポート後編

「Nexus 6P」はゲーム用途に適するか? Xperia Z5の「デレステ」追試も実施したソフトバンク2015~16冬春スマートフォンテストレポート


 エンガジェットのDebutでも書いたけど、気になるのは表記ルールが変わってややこしいことになっているGalaxyシリーズのGalaxy Active neoだ。Galaxy S5 ACTIVEユーザーだから、そのままアップグレード(一部グレードダウンだが)してみようだ。なんかDisってるって言われてるよーとか聴いたけど、ユーザー意見だしなぁ……Disってのはとくに触れないで、重箱の隅突き的な愚痴を言ってるパーチクリンが使う空砲みたいなものだし。まぁバックパネルが吹っ飛びにくくなったのはいいことだ。ああ、いいことだ。ボルト式にしてほしかったが。

engadget

Xperia Z5やNexusをスルーしてGalaxy Active neoを選ぶ7つの理由

えんがじぇっとの記事は、nつの理由のテンプレートってすごくキモくなるから、これはデビュー戦で採用してトライしてみようとしたところ、本当にめんどくさい感じで、気持ち悪くて最低で最高になった。どしてあの手のブログだとか、それに近しい意識ハイアーザンマウントフジ系の人って冒頭にどうでもいい自己紹介だとかなんか謎の文字列加えるんだろうか……。というわけで、 nつの理由テンプレは封印したい。