DSC04966

ZenFone 3シリーズの国内展開が発表された。例によってレビューについては、4gamer.netに掲載されている。価格がとても気になるのだが、並行輸入版(サポートなくなるけど)にするか、台湾で遊んで買ってきたほうがお安い不思議。MVNOの2年縛りで安くなるって感じで展開されるんだろうけど、まぁなんだろう、いまのうちに日本からおぜぜ抜いておこう感溢れる。4年後の日本あやしいしね。

4Gamer.net
ASUSの新型スマホ「ZenFone 3」と「ZenFone 3 Deluxe」の下位モデルをテスト。最新のミドルクラス端末はゲームもよく動く


「性能怪獣」は優秀なゲーム向け端末だ。ASUS「ZenFone 3 Deluxe ZS570KL」テストレポート

さて、Snapdragon 625がイイ感じだ。14nm FinFETプロセスを採用したことで、クロックアップしつつ、発熱のダウンに成功している。それのためか、サーマルスロットリング突入する割合がだいぶ減っている。少なくとも現地でのチェックでは、すっかりそのあたりの洗い出しに便利なデレステで不都合はなかった。といったことから、狙い目のミドルクラスといえる。

このあたりは、ZenFone 3シリーズだけでなく、Motorola Moto Z Playもターゲットに入る。ともあれ、 14nm FinFETプロセス採用SoCで、非防水の端末はだいぶ熱処理が楽になってると思われる。

ところで、会場の照明がスマホLCDガン無視仕様であり、スマホでさくっと撮影してアップした場合、パネルかボディ、いずれかの色が死ぬんだけど、どうしてそのあたりの配慮できてないんでしょうかね。D65万歳だよ!!

043


Motorolaの新SIMフリースマホ「Moto Z」&「Moto Z Play」をじっくりチェック。ベンチは不許可でもデレステはプレイしてきた

ベンチマークはダメだと言われたので、ゲームをプレイしてきた。ただのゲームプレイだ。4gamer内においては、デレステはもはや動作チェッカーのひとつだが、ゲームである。よって、問題はない。Moto Z PlayもSnapdragon 625で動作は良好だった。ある程度の3Dグラフィック系タイトルについては、625以上であればOKといった見方も強くできる。820/821についてはスペックから発熱がアレなので、逆に辛いかもなと思うのだけど、非防水であればだいたいOKじゃないかなぁ。防水対応機は厳しいな、やはり。なお、Moto Zについては後日詳細にチェックできる見通し。