VM-E Close Focus Adapterをようやく手に入れた。ほとんど在庫を持つ店がなく、あっても定価よりも高い有様だったので予約。予約した当日に翌日入荷の連絡とラッキーさんだったのだが、VM(ZM、M)マウントレンズに対して、4mmのヘリコイド操作で最短焦点距離を短くできるというもの。上記は、C sonnar 50/1.5、F2

手持ちであれば、
C sonnar 50/1.5は:90cm→47.4cm
SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical II:50cm→10.8cm
※ノクトン40mmさんはVM-E Adapterと一緒にお友達宅に旅立った
そのほか各製品の最短焦点距離変動データはオフィシャルを確認のこと。

というように、標準域であるC sonnarが最近のレンズみたいな距離でも撮影可能になる。購入にあたり、問題として、90cm以下での撮影データがあんまりなくて、実際どーなるんやという感じだったのが、すごく最近のボケ方で安心している。F4〜F7.1あたりで、丸ボケではなく、十角形ボケになるが、別に邪魔ではないのでOK。SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical IIは、15mmなのにマクロ領域というアホ具合であり、これもまたバカっぽくていい。というか、VM-E Close Focus Adapterを使用した場合のサンプルをコシナが掲載してくれると、もろもろ平和な気がするんだが。

VM-E Close Focus Adapter自体も作りがしっかりしてて、酷使しても大丈夫そうな感じ。SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Aspherical IIで寄ることはあんまりないけど、C sonnar 50/1.5は90cm以内での撮影多そうなので、頑丈なのはいいことだ。


距離60cmほどで、F4の場合。一部光源が十角形になっている


F2.8あたりはコテコテしててイイ感じ


F1.5


テーブルフォトがすげー楽に撮れるようになって、超うれしい


50cmほどまで寄れるんで、物撮り用にも使えるよねーとテスト


APS-Cモードに切り替えてのほうがフィギュア系は楽かもしれぬ